軍畑鉄橋のネタ、テク ~その2~

さて前回に続き、軍畑鉄橋ネタで引っ張らせていただきます。

画像

画像

<VRMと実景の比較 ※本文とあまり関係なし>



さて、少々クセがあることで知られるフレシキブルガードレールですが、それは平面方向に限った事ではないようです。

画像

<ガードレールがガタガタ>


なんか縦方向にも歪んじゃってます。が、うまく使えば一味違った表現ができそうです。ちょっと壊れた表現とかね。(構内柵木製で行った例

ちなみに、縦方向のゆがみはガードレールに限りません。

画像


傾斜させた法面ブロックの上部に、一車線道路(フレキシブル)を同じ傾斜で0.7mm浮かせて配置した図。道路が歪んで法面に食い込んでいます。最初はもっとひどかったんですが、浮かせる量を大きくして対処しました。

ちなみにこれらの現象は、フレキシブル部品に傾斜をつけると発生するようですが、他の部品では確認していないんでなんとも言えんです。


さて傾斜した道路に触れたついでに、自分流の”狭くて急な山道の配置方法”を順を追って紹介しませう。

1)まず道路を配置する
画像

地形に合わせて道路を配置するのは大変なので、道路に合わせて地形造成します。


2)道路に合わせて法面等を配置する
画像

無くてもいいですが、あったほうが後で格段に楽です。あと、後のことを考えて、道路と法面は別レイヤーにしておいたほうが良いでしょう。


3)適当に地形を造成する
画像

適当とは言っても、これで山の形がほぼ決まるのでこだわりましょう。


4)道路部品を選択し、「部品用地造成」+微調整
画像

「2)」の法面が隙間を隠してくれるので、微調整は結構楽です。


5)地形テクスチャを貼り、建物・小物を配置
画像

地形テスチャや小物の効果って大きいですね。

あとは適宜樹木を配置して完成。がここで、樹木の回転に苦しむわけです(笑)
山間部を作るのが得意な(と思い込んでいる)私としては、V3遠景樹木のV4移植を切に願うばかりです。

以上、大まかな流れはこんな感じであります。文章は不得意(説明はもっと不得意)なんで分かりづらいとは思いますが、何かの参考になれば幸いです。


次回に続く…のか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

junichi
2007年05月07日 01:45
確かに回転する樹木は嫌らしいですね!
その上、遠景用樹木のくせに遠くに配置すると消えてしまう、列車の種類を増やすのも良いが樹木の改良を大いに望みます!
2007年05月08日 01:11
実は私のV4導入に一番ブレーキを掛けていたのはPCのスペックではなく樹木だったりします(PCもかなりギリギリですが 笑)。「現代ローカル風景」で確立した山の表現が使えなくなるので…。
結局車両のリアルさに惹かれて導入しましたが、暫くは車両を眺めたり方向幕をいじったりするだけでした(笑)
今回作ってみて、山は一応何とかなる事が分かりましたが満足いく出来とは言えないので、やはり改良を望みたいです。

この記事へのトラックバック