いい日旅立ち

アクセスカウンタ

zoom RSS 軍畑鉄橋のネタ、テク 〜その3〜

<<   作成日時 : 2007/05/22 02:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

次回を匂わせておきながら、ずいぶん間が開いてしまいました。レポート、テストや部活が忙しいもので…


画像


<電化区間を走っちゃいけません>


……

まあ悪ふざけはこのくらいにして、本題に移りましょう。
しつこく引っ張ってきた軍畑鉄橋ネタも今回で一旦完結です。


さて、軍畑鉄橋は高いとはいえ、餘部鉄橋ほどではありません。従って、橋脚を多少埋める必要があります。しかし、ただ埋めるだけでは芸がないので、ちょっと工夫します。

画像


コンクリートの土台を表現しています。左側は、V4 2号収録の「架線ビームジョイント」を4つ「ロ」の字型に組み合わせた物を3組ほど、3mmで重ねて使用しています。右側はもっと簡単な例で、IMAGIC橋脚を埋め込んで使用しています。

画像

<これを → 3つ重ねる>


…よく見ると、あんまりコンクリートに見えませんね。形の自由度は高いんですが… IMAGIC橋脚を埋め込んだほうが手軽でいいかも。


画像

<参考資料:横桁の高さ>


また、橋脚の横桁の高さを調べたら一応こんな感じでした。橋脚を埋めたり、土台をくっつけたりする時にでも参考にしてくださいまし。


ちなみに架線ビームジョイントは…

画像

<架線柱の台座>

こんなふうにも使われていたりします。目立たないし、無くてもいいんですが、そこをあえてこだわっちゃうんです。面倒ですが、完成後には大きな自己満足に浸れます(笑)
「現代ローカル風景」も、その積み重ねみたいなもんですし。


また建物に目を向けてみるとると、
画像

<見慣れないけどどっかで見たような色の建物>


実はこの建物、箱根湯本駅駅舎の一部です。

画像

<コレ>

この部分だけが飛び出すように、駅舎を埋めて使っています。これで箱根湯本駅舎の使い道がグンと広がりますね☆ え?そんなテクいらない?

以上、次回レイコンで箱根湯本駅舎がどんなひどい扱いを受けるかがちょっと楽しみになった櫻隼なのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
軍畑鉄橋のネタ、テク 〜その3〜 いい日旅立ち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる